刑事事件

家族が警察に逮捕された・・・
そんな時どうしたらいいのでしょうか。
すぐにご相談ください。早急に警察署で面会をして事情把握に努めるとともに,身柄解放に向けて迅速に対応いたします。

1 刑事手続きの流れ

被疑者段階においては起訴前の釈放を,被告人段階においては無罪,執行猶予判決を目標として弁護活動を行っていくことになります。

保釈をしっていますか?

起訴された後は,身柄を拘束されていても,保釈を請求することで一時的に身柄を解放してもらうことが可能です。保釈が認められるためには,弁護士による充実した弁護活動が不可欠です。

2 早期に弁護士をつけるメリット

被害者との早期示談

勾留期間が最長20日間と時間の制約があることから,できるだけ早く被害者と示談を成立させることが必要です。早期に弁護人を選任することにより,身柄解放へ向けて迅速に弁護活動を行っていくことができます。
また,刑を決める段階でも被害者と示談ができているかは非常に重要な要素ですので,早期に弁護人をつけて被害者と示談交渉を行っていくことが重要です。

保釈のための弁護活動

起訴されて被告人となった直後から,保釈の請求は可能となります。そして,保釈が認められるためには,弁護人の迅速かつ充実した弁護活動が不可欠です。

心理的負担の軽減

逮捕されて身柄拘束をされると,逮捕された方は精神的に不安定な状況になります。これは,家族の方も同様です。そのような場合に,弁護士が,逮捕された方と家族の橋渡しをして,少しでも不安を和らげるためにサポートします。

裁判への対応

起訴された場合には,原則として刑事裁判を受けることになります。裁判を受けることが決まってから弁護人を選任するより,逮捕されてすぐの段階から弁護人を選任した方が,早期の弁護活動が可能ですし,また,逮捕された方やご家族との信頼関係を築くことができるので,充実した裁判の準備を行うことができます。

3 費用

刑事事件の費用

お問い合わせ

047-498-5880(月~金 AM9:00 ~ PM6:00)

相談予約で、時間外も対応いたします。

夜間相談・当日相談・土日祝日相談

お電話・メールでの相談はしておりませんのでご了承ください。

メールでの相談申込み24時間受付

無料相談受付中

初回45分無料

お問い合わせ:047-498-5880(月~金 AM9:00 ~ PM6:00)

相談予約で、時間外も対応いたします。

夜間相談・当日相談・土日祝日相談

お電話・メールでの相談はしておりませんのでご了承ください。

メールでの相談申込み24時間受付

交通アクセス

クリックで拡大

東武野田線・新京成線・北総線・成田高速鉄道線「新鎌ケ谷駅」4 分

事務所アクセスはこちら

業務対応エリア