財産を引き継ぐのは誰?

亡くなった人の財産は,誰が,どう引き継ぐのでしょうか?

まず,亡くなった人が遺言書を残していた場合,遺言書で定められた人が財産を引き継ぎます。

遺言書がない場合,亡くなった人の財産は,民法で定められた法定相続人が,民法で定められた割合(法定相続分と言います。)に従って承継します。

では,法定相続人は誰になるのか?法定相続分はどう定められているのか?

民法には以下のように定められています。

―その1- 法定相続人となる順位

法定相続人となる順番は以下のとおりです。

第1位 子
第2位 直系尊属
第3位 兄弟姉妹

※1 配偶者(結婚相手)がいる場合は,配偶者が常に相続人となります。

―その2- 法定相続分

相続する割合を以下のモデルケースで見てみましょう。

◎ケース1 配偶者と子

 図はこちらをクリックしてください。

夫,妻,子2人で,夫が死亡した場合

  • 法定相続人は妻と子2人
  • 法定相続分は,妻が2分の1,子は各自4分の1

◎ケース2 配偶者と父母

 図はこちらをクリックしてください。

子のいない夫婦。夫の父母は健在。夫が死亡した場合

  • 法定相続人は妻と夫の父母
  • 法定相続分は,妻が3分の2,夫の父母は各自6分の1

◎ケース3 配偶者と兄弟姉妹

 図はこちらをクリックしてください。

子のいない夫婦。夫の両親,祖父母ら直系の先祖は既に死亡。夫の弟,妹が健在の場合

  • 法定相続人は妻,弟,妹
  • 法定相続分は妻が4分の3,弟,妹は各自8分の1

無料相談受付中

初回45分無料

お問い合わせ:047-498-5880(月~金 AM9:00 ~ PM6:00)

相談予約で、時間外も対応いたします。

夜間相談・当日相談・土日祝日相談

お電話・メールでの相談はしておりませんのでご了承ください。

メールでの相談申込み24時間受付

交通アクセス

クリックで拡大

東武野田線・新京成線・北総線・成田高速鉄道線「新鎌ケ谷駅」4 分

事務所アクセスはこちら

業務対応エリア